2018年2月26日月曜日

物件に込めた思い~上棟式に参加しました~

皆様こんにちは♪

神奈川ロイヤル管理部の樋口です!

まだまだ寒い日が続いておりますが、読んでいただいている皆様はお風邪など召されておりませんでしょうか??
やっぱり基本は「手洗い・うがい」ですね!

そんな寒風吹きすさぶなかではありますが、本日とある新築物件の上棟式に参加させていただきました!

【物件】
物件名: AZALEA湘南
所在地: 藤沢市大庭5005-10
交  通: JR東海道線「辻堂」駅バス11分徒歩6分



 

この物件はオーナーの「高齢化社会を迎えるにあたり、自分や同じくらいの年齢の方が『楽しく・自由で・健康的に』生活できるように」という思いのもとに建てられました。

この考えはオーナーの奥様が生み出したもので、その遺志を見事に形にしました。

物件の話をするときオーナーは「妻が好きだったオランダ風なデザインを取り入れたんだ。入居者とはBBQやゴルフをして、支えあいながら生きていきたいんだ」と目を細めていました。

そんな思いを込めた物件の完成を目前に控えた上棟式当日は、これからの先行きを照らすような晴天にめぐまれ、いらっしゃった近隣の方や事業者にむけ、「千載棟!万歳棟!永永棟!」と元気よく発声しながらおモチを配っていました。

    

  【晴天に恵まれました】    【沢山のお祝いが届きました】 



 【小さなお子様にモチを手渡し】            【積水ハウスが説明会開催】

モチまきの後には、施工会社の積水ハウスが建物工事の説明を行い、来場者は熱心に耳を傾けていました。

沢山の方の熱い思いを込めた物件だからこそ、しっかりと募集・管理をしたいと改めて心に刻み込むことができる素敵な機会となりました♪



0 件のコメント:

コメントを投稿